3月29日


3月29日/永遠の春を抱きて桜かな

 今朝はだいぶ暖かい。Tシャツとウインドブレーカーで歩いたが、汗をかいた。少し寒かったこともあって東京の桜はピークが続いている。今晩の夜桜は大変な人出となるだろう。

 隅田川の墨田区側の河っぺりは何やらクラゲ様ご一行が大量発生している。サイズの小さなものがほとんどなので、どこかで一斉に孵化したのか。ちょっと珍しいほどの量。「ウルトラQ」なんかであれば、これは実は前触れなのであって、このあと放射能によって巨大化した怪獣クラーゲンが東京湾から築地あたりに上陸したりするわけだが、それは単なる妄想。

 30年後には超高齢化地帯となる我が家の方の桜もそろそろ五分咲きから満開へ。今週末には、人混みをさけて夜明けの頃に桜の名所「福岡堰」へ出かけてみようかと思う。去年、盛りを少し過ぎた頃に出かけて、居住20余年、なんでいっぺんも来なかったかと悔いたものだった。

http://www.ibarakiguide.jp/db_kanko/?detail&id=0800000000390

 景観は素晴らしいんだが、何しろ大変な人出と交通渋滞で昼間はとうてい行く気にならない。……ん、まあ自転車で行く手もあるんだが。そうねえ、天気が良けりゃそれもいいか。

 それにしても、家の前にあった十数本の桜たちがなくなってしまったのは、やはり寂しい。なんだか土埃のばかりのたつ殺風景な公園ができたんだが、つまらんもんだね、木がないってのは。
[PR]
# by peke1955 | 2013-03-29 08:00 | etc.
3月28日


3月28日/来し方の朧に桜並木かな

=「朧」「桜」で季重ねっちゃあ季重ね。しかしこの際「朧」は時制を示す意味も含むので、まあ、いいんじゃない。


 たとえばこういうケース。現況はこうである。

日本      勝点13 得失点差+10 残試合2
ヨルダン    勝点7  得失点差-6  残試合2
オーストラリア 勝点6  得失点差 0  残試合3
オマーン    勝点6  得失点差-3  残試合2
イラク     勝点5  得失点差-1  残試合3

 日本がオーストラリア、イラクにそれぞれ0-5で敗戦すると最終的にこうなる。

日本      勝点13 得失点差 0

 その上でヨルダンがオーストラリア、オマーンに対して4-0、3-0で連勝するとこう。

ヨルダン    勝点13  得失点差+1

 これで日本を上回る。その間に、イラクがオマーン、日本、オーストラリアに3連勝すると、最少得点でもこう。

イラク     勝点14  得失点差+2

 で、イラクは勝点で1位、ヨルダンは得失点差で2位となって日本落選の目が出てくる。なにしろ、この現状で2チームが日本を上回るためには当該国同士の対戦がある2チームでは無理なのであって、となると2位ヨルダンがなんとか日本を上回って、ヨルダンと対戦のないイラクが1位になるしか日本落選の目はないと思われる。これ以外のケースはちょっと思いつかなかった。

 この仮説に立てば、日本が残り全敗でも、次節、イラクがオマーンに勝てなかった時点で日本の2位以内が確定するんじゃなかろうか。なんにしても、日本にとって大事なのは、残り2試合で10失点くらいしないことであるな。しかしまた、いらんことに脳味噌を振り絞ってしまったことだ。
[PR]
# by peke1955 | 2013-03-28 08:00 | 蹴球
3月27日


3月27日/語りつぎ咲きつぎ今日の桜かな

 体調不良もあって一部しか観なかったが、W杯最終予選、アウェイのヨルダン代表戦は1-2の負けで、この試合でのW杯出場切符獲得はならなかった。この手のチームで警戒すべきは、セットプレーにカウンターとロスタイムであるのは常識といってよいが、この三点セットでヤラレテいては仕方ない。もちろん勝てればよいが、ウラの試合がドローだった影響で引き分け上等となったのだから、第二目標はスコアレスドローに持ち込むことでもよかったはず。

 細かい分析は新聞でもテレビでもやっているので、ワタシは日本が残り2試合を全敗した場合、日本を2位以下に落とすのはどこかという視点で考えてみたい。

 まず、残り2試合で勝点6のオマーンの目はない。残り2試合で勝点7のヨルダンは全勝すると日本と並ぶ勝点13。しかし日本との得失点差は16あるので、これも、まずない。となると、3試合を残して勝点6のオーストラリアか同じく勝点5のイラクが最大9伸ばして、それぞれ15、14とすることができる。両チームとも2勝では届かない。オーストラリアは最低2勝1分、イラクは3勝必須。そして、両チームはオーストラリアのホームでの対戦を残している。この試合がポイントだね。

 他の試合をすべて勝つとして、オーストラリアはこの試合に引き分けで突破。イラクは勝利必須。しかし、どちらかの突破が決まればどちらかが3位以下になるはず。で、おまけにオーストラリア-ヨルダン戦もあるから、伏兵ヨルダンがもしここで勝っちゃったらオーストラリアの目は消滅。他の可能性は……。

 つらつら思うに、日本が3位以下になる可能性を考えるほうが難しいんだがな。ちょいとしたパズルだ。今日一日解いてみよか。
[PR]
# by peke1955 | 2013-03-27 08:00 | 蹴球
3月25日


3月25日/のつぺりと河横たへて春夜明け

 実は年末にクルマを買い換えた。乗っていたクルマになんの不満もなく、車検費用の見積もりも納得のいく価格であり、ガソリンを満タンにして車検を通すつもりでディーラーへ出かけたのだが、帰ってきた時はどういうわけだか新しいクルマを買うことになっていたのだった。

 長年の友人であるO野家夫妻は、まあ、クルマ道楽といってよく、3年か4年にいっぺんくらい新しい高級外車で現れてはワタシたちを驚かすのだが、ワタシがディーラーで「なんか面白いクルマがあればねえ」などと言い出した時点で、たまにはO野家夫妻を驚かしてみたいという潜在意識の働きがあったのかもしれない。結局SUV、しかも四輪駆動だと高いのでFFの「なんちゃってSUV」を購入したのだった。

 で、先週末のO野家夫妻お招きまで、黙ってよーなー、ということで雌伏3ヵ月。いつものように300馬力はあろうという高級外車でウチの玄関先までお乗り付けになったO野家のKよ子奥様は開口一番こうおっしゃったのであった。「あ~ら~、なに~? 代車?」。

 だあ~っということで、ワタシたちの「O野家驚かし作戦」は奥様のカウンターパンチによって一瞬にして葬り去られたのである。

 SUVというのは多目的ビークル、ジープの子孫のようなレジャー用のクルマであって、野へ山へ海へ出かけるための活動的な利用法を主眼とするものであるが、ワタシども夫婦はおよそ出不精。それは「O野家驚かし作戦」のための戦略兵器であった節もあるんだが、かくて「出不精夫婦のなんちゃってSUV」の愛称は『代車』に決定。いや~参りました。

 さて、我らの『代車号』によってワタシたちのライフスタイルは活動的なものへと変わるのだろうか? どうなのかね? まあ、1400ccでアイドリング・ストップもついてるし、コンパクトで乗りやすいけどね。
[PR]
# by peke1955 | 2013-03-25 08:00 | 家族
3月21日


3月21日/春夕べ焼いた魚や味噌汁や

=東京下町、路地裏のスケッチ。

 一日おきに強風が吹き荒れ、冬の気候だったり、夏日になったり、あれよという間に東京の桜は今日明日中に満開だという、なんだか凄い3月だ。日本の春はこんなに荒々しい季節ではなかった思うけれど。

 大震災もあったことだし、こうなると季語「春」のイメージも荒々しく人を揺さぶる季節へと変わっていってしまうかも。日本の四季から優しいところがだんだんなくなっていくみたいな気がするね。


 福島第一原発は原因不明の停電で、燃料棒のプールが冷却できなくなって大騒ぎ。1日余りたってやっと復旧したが、どうやらネズミが配電盤のケーブルを囓ったためらしい。「大山鳴動して鼠一匹」という奴を地でいった感があるが、相変わらず配電系統を1本しか作っていないという危機無管理ぶりが浮かび上がる。ウチの会社もネズミに囓られて「全電源停止」に陥ったことがある。やはり配電盤の中でネズミが焦げていた。先には光ファイバーを囓られて、電話・インターネットの類がみんなダウンして往生した。ウチのような零細企業ならばまだしも、福島第一原発のような状態でイントラネットを始めとしたネットワークがダウンした場合の恐ろしさを考えてみたまえ。危機というものはあらぬ方からやってくるものなのだ。実に。


 強風に煽られるようにして、季節は急ぐ。ワタシのような爺いには、もっとゆっくり歩ける季節も必要なんじゃわい。
[PR]
# by peke1955 | 2013-03-21 08:00 | etc.